現代では還暦はまだまだ現役で、本人も年寄り扱いされたくないという意識が強いものです。

一方喜寿を迎えると、さすがに現役を引退する人が多くなっていて、本人も素直に長寿を喜ぶ意識になるのではないでしょうか。

それだけに喜寿祝いは、盛大にお祝いしたいものです。
喜寿の祝い方の作法やしきたり、喜寿祝いにぴったりのプレゼントなど、喜寿の祝い方に関するさまざまな疑問に答えます。

現代の喜寿の祝い方

現代の喜寿の祝い方についてです。
喜寿とは数えで77歳の長寿のお祝いのことです。
「喜」という字の草書体が七十七と読めることから喜寿と呼ばれるようになりました。

喜寿のお祝いの会の開き方

喜寿の祝い方としては、子や孫、ひ孫、親戚など主に内輪の人たちが集まってお祝いするのが一般的でしょう。
この場合は、家に集まって喜寿のお祝いをするほか、レストランなどで食事を楽しむのもよいでしょう。

喜寿のプレゼントの選び方

喜寿の祝い方で、まず頭を悩ませるのはどんなプレゼントを贈ったらいいかということではないでしょうか。
還暦のお祝いに赤いちゃんちゃんこをプレゼントすることはよく知られていますが、喜寿のお祝いは赤ではなく紫色のものをプレゼントするのがしきたりです。

喜寿を超えて 傘寿や米寿の祝い方

喜寿など長生きのお祝いのことを賀寿といいます。
もともとは中国から伝わり、日本では室町時代以降一般的になってきたと言われています。
それぞれの由来を理解することで、喜寿の祝い方を考えるうえでも参考になるでしょう。
なお、還暦は満年齢で祝いますが、そのほかの古希や喜寿などはみな数え年で祝います。

喜寿の祝いの作法としきたり

喜寿の祝い方で頭を悩ませることのひとつは、喜寿のお祝いの会に出席するときの作法やプレゼントを贈る際のしきたりについてではないでしょうか。
一般的に自分より年長の方に現金を贈ることは失礼にあたりますが、長寿のお祝い金は失礼にはなりません。

ページの先頭へ戻る

関連テーマ
スポンサードリンク
Copyright 喜寿の祝い方|よくわかる喜寿祝いの作法 All rights reserved.